画像サーバーに問題が発生しています。修復に取り組んでいます。数時間後に再度お試しください。

政略結婚なのにどうして執着するのですか?
政略結婚なのにどうして執着するのですか?
作品を読む

政略結婚なのにどうして執着するのですか?

あらすじ

「俺の妻として認められるなどとは夢にも思わない方がいい。俺がバラジットの娘に跡継ぎを産ませることは永遠にない。」 ナディアはつい、私もそのつもりだと相槌を打つところだった。 ありがとうございます、侯爵様。 自分で言ったこと、守ってくださいね。 *** 「侯爵様は私と部屋を共にするつもりはないとおっしゃいました」 「……」 「なので跡継ぎを設けるためには妾を囲うしか…」 「……」 グシャッ 何かがつぶれた音にナディアはバッと振り返った。 すると夫が手をついているテーブルの端にヒビが入っているのが見えた。 どうしてあそこに突然ヒビが…?

巻一覧

コメント

Tags